Webをビジネスに活かす初歩的事例・・・

■集客だけではないWebの効用

インターネット=集客というのは幻想。むしろ既存の顧客の保全が効果的。
●インターネットという道具(ツール)の活かし方を考える。
●むしろ既存の顧客の保全に活用。

先ず注意点は、あなたのビジネスを良く知ることです。あるビジネスの目的があるからこそ、その手段としてwebを選んだはずなのです。ホームページ イコール 集客と考えるのは少し短絡的ではないでしょうか?自社のビジネスを支援してくれるのが、ITです。集客だけではなく、既存の顧客の保全など効果的な活用方法があるはずです。

■業種ではなく用途を考える

業種や業態によってサイト構築を考えるのは妥当ではない。
業種別のサイトの構築は商業利用においては成り立ちにくい。
●ユーザーとの関り方、用途別にサイト構築を考える。

業種や業態によってサイトの特徴はあらわれません。サイトの特徴があらわれるのは用途の違いによってのみ具体化します。ですから、用途にマッチした機能とサイトデザインの構築こそが商業利用サイトの基本となります。

■広告、宣伝としてのホームページ
インターネットは、公共の場と同じ。公共の場で会社のアピールを。
ホームページがない、それは会社がないと思っている学生もいる。
●先ずアクセスするのは、取引先の企業。
●ホームページがないこと自体が信用低下を招く恐れあり。

取引先の企業は、貴社のホームページを必ずチェックします。しっかりとしたホームページ、つまり自社サイトを持っていればこれはビジネスチャンスになります。また最近の傾向では、ホームページがなければ、会社がないという勘違いをする学生もいるほどです。

■信用を得るためのキーワード
独自ドメインを持つことは、相手への安心感となる。
更新を怠れば信用は低下する。
●独自ドメイン持たないサイトと持つサイトではユーザーの評価が異なる。
●更新がされていないサイトは、ユーザーの期待を裏切る。

独自ドメインを持たないサイトはどのように見られるのでしょうか?例えば個人自営主と株式会社、中身はどうであれどちらを信用しますか?これと同じことでプロバイダーのフリーのディスクを間借りしているのと、独自でドメインを取得し、サーバーを運用しているのとでは、見る側からの信用度が変わります。

某政党のホームページは2年以上更新されませんでした。更新されたのは、衆議院選挙の時。この事実を知ったとき、あなたはこの政党に期待をするでしょうか?更新がされない、ほったらかしのサイトにユーザーは期待しません。
Copyright ©2001 ACT Co.,Ltd. ,All right reserved